2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
--年--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006年11月15日(水)

Tour '06 蜉蝣 大阪BIG CAT 

ユアナが物凄い勢いで飛んできた。

墜ちた。(爆笑)

それを見た静海んがリアルに(  Д ) ゚ ゚



以下激しくネタバレです。

【More・・・】

まずセトリ。
順不同なうえに色々抜けてます。

R指定
静脈サラダ
となり町の彼女
サクラクラクラ
美容整形医師の趣味
光の影
3・2・1
儚き激情
螺旋首

木枯らし、
Lily

朦朧エピローグ
アイドル狂いの心裏学
執行猶予3年

一輪は蒼く
絶望にサヨナラ


夕暮れの謝罪


妄想地下室
ゆびきり


何より、kazuさんが金髪になってたことにびっくり。
似合ってて格好良い!

「儚き激情」が毎度しつこかった。
同じところを何回も何回も歌った。
「声が聞こえない…もう一回!」
「声が…聞こえているけどもう一回!」(笑)

絶望にサヨナラでギターが入りそびれたのかな。
ドラムで曲が分かったんだけど、すぐストップして。
客「ええええええええええ」
大佑「・・・・・・・・ミステイク!
客「(笑)」

MC
大佑「君たちの歓声が凄くて…何を喋ったらいいのか…」
客「(笑)」
大佑「そんなに見ないでくれ…いや見てくれ!
客「(爆笑)」

何回目かのアンコールで
大佑「君たちは…まだ帰りたくないのかい?」
客「(歓声)」
大佑「奇遇だなぁ、僕もまだ帰りたくないんだ…縄ぁ!」

縄のサビこっちに歌わせてくれてて、歌詞があまりにも
グサグサ来すぎて泣いた。(笑)
大佑も泣いてた。
曲中で「今日のことは一生忘れるんじゃねーぞ!
俺も忘れないから」って叫んだ。

もう一回戻ってきてくれて「縄」歌い終わった直後に
大佑「やっぱり…もう一曲やってもいいかな?」
って言って、最後の最後に妄想地下室。

最後、延々と合唱の繰り返し。
演奏もどんどんシンプルになってきて、ほぼ声しか響いてなくて、
大佑がまた泣き出して、みんなも泣いてて、
ちょっと拷問状態だった。
気持ち悪くて逃げ出したかった。

大佑「ありがとう。蜉蝣やってて良かった


終演後も叫んでる子とか泣いてる子とかうずくまってる子とか居て
すごく変な光景で…
帰りたいけど帰りたくなくてどうしていいか分かんなくて、
とりあえずフロアのゴミ拾いした。
なんか、腹が立ったんだと思う。色んなことに。
泣き虫な大佑にも、感傷に浸ってる雰囲気にも、汚いフロアにも
拒絶反応起こした。

自分の涙ですら嘘っぽく思えて、泣いてる自分に嫌気さしたし。
泣いて終わるライブなんて見に来た覚えないのに。
前半は楽しかったのに、後半は辛くて痛くて苦しかった。

思ってた以上にこのツアーは過酷なのかも。
思いきり泣いてすっきりできたらいいのに、それもできないんだ。

金沢…すごい悩んだけど、行かないで後悔するのは一番嫌だから
やっぱり行こうと思う。
全身全霊で蜉蝣してきます。

あ、今メールきた。(笑)
分かってるってば。
スポンサーサイト
【編集】 |  12:51 |  LIVE・EVENT  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。